アメリカにおける車買取の現状

海外の車買取の現状

アメリカという国は、非常に広大です。あれだけ広大な場所を移動するとなると、やはり車は必須だと思います。アメリカと言えば車社会という言葉もありますので、向こうでは必須ツールの1つだと思います。

 

ところでアメリカでも、もちろん車の売却などは行われます。ではあちらでは、果たしてどのような方法によって売却されているかというと、ちょっと日本とは異なる点があるそうなのです。

 

あちらの国の場合、個人間で取引が行われる事が比較的多いそうです。お店に売るのではなく、個人に売るというやり方です。なぜならそのやり方のほうが、車のディーラーに売却をするよりも高い金額が付くケースが向こうでは多いそうなのです。

 

ただ個人に売るために、もちろん車を売りたいという情報をアピールしなければなりません。そのためにアメリカでは、ネット媒体での掲示板を用いてアピールされているケースが多いそうです。もしくはネット媒体でのオークションなどが活用されている事もあります。

 

日本の場合はそうではありません。個人間の取引というより、むしろ一括査定などで多くの業者に対して車の買取の依頼をしているケースの方が多いのですが。アメリカの場合は個人でのやりとりの方が多いという点で、少し日本とは異なる一面がありますね。

 

ただアメリカにも、車買取の業者はあります。ガリバーなどがその一例です。あの業者の場合は、日本人スタッフがアメリカで対応しているケースなどもあるそうなのです。ただ現状アメリカでは、そのような買い取り業者はやや少ないようです。どちらかというと個人間での取引が主流ですので、ちょっと日本のやり方とは色々と異なっている一面があると言えるでしょう。
【フォルクスワーゲン・ゴルフ買取】損をしない売却方法

 

ただディーラーに売却をすると少し金額が低めになるという点では、日本と共通しているかなと思います。